新型コロナウイルスへの取り組み

安心への対策と皆様へのお願い

当院では、感染予防のため、診療内容の一部縮小、および感染対策を行い、診療を行っています。

 

発熱のあるかた、「濃厚接触者」やそのご家族などは、ご来院前にまずお電話をお願いいたします。

 

当院で現在の対応について(R2.5.27現在)

現在、感染対策を実施のうえ、外来診察、リワークプログラム等について、継続して行っております。

 

ご来院いただいている患者様のご不安に少しでも対応するために、以下の取り組みを行っております。

 
      
  • ●診察室・待合の窓の開放(換気)
  •   
  • ●待合スペースの工夫(距離の確保、臨時待合いスペースの使用開始)
  •   
  • ●スタッフ確保などによる、円滑な受付等のご案内
  •   
  • ●スタッフのマスク使用
  •   
  • ●ドアノブ・テーブル等の除菌・アルコール消毒
  •   
  • ●各スタッフの手洗い・体調管理の徹底
 

なお、ご来院いただく方に関しては、以下のことをお願い申し上げます。

 
      
  • ●来院前の体温測定(37.5度以上の場合は、来院なさらず、まず当院に連絡をお願いします。)
  •   
  • ●最少人数でのご来院
  •   
  • ●マスクの着用(同伴者の方も含め)
 

なお、以下の症状等がある方で、当院に定期受診している方は、電話再診等、特別な配慮のご相談をさせていただきたく思います。「ご来院せず」まずは電話でご相談ください。

 
      
  • ●発熱(37.5度以上)のある方
  •   
  • ●倦怠感・咳・味覚や嗅覚の異変のある方
  •   
  • ●保健所で「濃厚接触者」と言われている方、及びその同居のご家族
  •   
  • ●身近に「コロナ陽性の疑い」の人がいる方
  •   
  • ●1か月以内に海外の渡航をしている方
  

なお「37.5度以上が4日以上あるとき、その他、風邪に類似する症状がある場合」は、必ず事前に、地元の保健所などの相談窓口へのご相談をお願いいたします。

 

通院困難な、継続治療が必要な方への電話再診について

 

上記の場合など、通院での再診が困難であり、電話再診を希望される場合は、以下のような流れとなります。

 

1.診察券、お薬手帳、保険証(もしくは医療証)をご準備のうえ、お電話をいただき、「電話再診の希望とその理由」についてお伝えください。

 

2.電話担当スタッフより、「お名前」「診察券番号(もしくは生年月日)」「かかりつけの調剤薬局名とその電話番号、FAX番号」「保険証番号」「当院から折り返す電話番号」につき確認いたします。(確認ができない場合は、電話による対応は困難です)あわせて、お電話の都合のいい時間帯をお伝えください。

 

3.いったん電話終了後、医師のほうで、病歴等より、電話受診が可能な状態かの判定を行います。

 

4.可能な場合には、ご都合のいい時間帯の中で、当院より折り返し電話を行い、医師の電話診察を行い、その内容を踏まえ処方箋を発行いたします。(1か月以上、病状に比して長いなど長期の処方は行えません。また、これまで処方した薬のみの処方となります。)電話再診が困難の場合は、当院スタッフよりご連絡し、対面での診察の必要性がある旨をお伝えいたします。

5.当院からかかりつけ調剤薬局へ処方箋をFAXいたします。調剤薬局の方と相談し、処方をお受け取りください。

 

(注意点)

●定期通院していること、および病状が一定程度安定していること(慢性経過)が必要になります。

 

●電話での受診は、処方に必要な最小限の診察になります。

 

●症状等によっては、対面での診察をお願いする場合があります。

 

●担当医師は外来診察を行っており、かつ病状判断を要するため、折り返しまでにはお時間をいただきます。

 

●今回の措置は臨時的措置(期間限定)であり、厚生労働省の通達に基づき、急遽対応できなくなる場合がございます。

今後も、患者さまが安心して治療していただけるための取り組みを継続してまいります。何卒よろしくお願いいたします。